天才的即興歌うたい!眉村ちあきについて

即興で曲を作るなんて一体どうやってやっているんだろう?僕もやってみたい!

こんな思いを馳せたことはないでしょうか?

実は、初歩的なコード理論を学べば正直即興で曲を作ることはクオリティさえ問わなければできないことはないです。

ですが、即興の曲で見ている人を感動させることは至難の技だと思います。

しかも、その即興にさらに即興で歌を歌うとなれば難易度もどんどん高くなっていきます。

ですが世の中には即興で素晴らしい歌を歌えてしまう素晴らしいシンガーソングライターがいらっしゃいます。

そう、眉村ちあきさんです。

https://imokoyuki.com/wp-content/uploads/2019/09/mCw-2L4S_400x400.jpg
きとうゆうき

ライブも素晴らしいので是非いろんな動画見てみてね!

眉村ちあき 概略

それでは、まずは眉村ちあきさんの経歴や概略についてお話したいとおもいます☆

自称「弾き語りトラックメイカーアイドル」

眉村ちあきさんは、1996年9月12日生まれの23歳です。「株式会社 会社じゃないもん」代表取締役社長かつ、アイドルかつシンガーソングライターかつトラックメイカーです。

キャラクターが大渋滞していますが、ざっくりお話すると

  • 自分でトラックメイクして
  • 自分で会社運営して
  • 自分で歌う

のように自給自足しているアーティストです。

https://imokoyuki.com/wp-content/uploads/2019/09/mCw-2L4S_400x400.jpg
きとうゆうき

弾き語りトラックメイカーアイドルの名に恥じぬ自給自足っぷりですね

アイドルとしてキャリアをスタート

Wikipediaにはこう書かれています

看護学校の願書を出そうとしたが、ある日突然BoAみたいになりたいと思い、高校を卒業後、音楽の専門学校に入学した。通っていたボイトレの先生に場数を踏めるからと勧められて、3人組アイドルグループ・Star-Bright★REXに「ちあき(ちーちゃん)」として加入。2015年5月10日にアキバアリーナにて初ライブを行い、グループではリーダーを務める。2016年4月、メンバーの1人が脱退し2人ユニットとなり、同年7月に活動休止することが発表された。

出典元:wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%89%E6%9D%91%E3%81%A1%E3%81%82%E3%81%8D

思い立ってすぐに専門学校に行く行動力はすごいの一言ですよね。

ということで当初はアイドルグループへ加入するも、活動休止後は「眉村ちあき」名義で活動をスタートさせます。

会社設立・株式売却をスタート

2017年12月に眉村ちあきさんは「株式会社会社じゃないもん」の登記・設立を開始したことを会見します。

と同時に、ライブの物販で会社じゃないもんの株式を販売をスタートしました。

https://imokoyuki.com/wp-content/uploads/2019/09/mCw-2L4S_400x400.jpg
きとうゆうき

株式を物販で売るって斬新ですね。どこからその発想が出てくるんだ・・・

ゴッドタンの企画で取り上げられる

ゴッドタン以前にも吉田豪さんと対談したり、レコード会社主宰オーディションで優勝したり、確実に実績を上げていた眉村ちあきさんですが、ここで初めて眉村さんの存在を知った人も多いかと思います。

ゴッドタンの「このアイドル知ってんのか!?2018」企画の「色々な意味でヤバイアイドル部門」で1位を獲得しました。

MCの矢萩からリクエストされた即興ソング「ゲロ」があまりにも秀逸過ぎてここでトイズファクトリーの目に留まることになります。

https://imokoyuki.com/wp-content/uploads/2019/09/mCw-2L4S_400x400.jpg
きとうゆうき

youtubeに動画あった!是非みてみてください!

トイズファクトリーからメジャーデビュー、アルバムリリース

晴れてトイズファクトリーからメジャーデビューとなり1stアルバムの
「めじゃめじゃもんじゃ」を引っ提げてライブ
を行います。

ただ、眉村ちあきさんは前述の通り一筋縄ではいかないというか、あまりにも個性的でなんとトイズファクトリーのマネージャーとの喧嘩をTwitterで公開するなど独特な立ち回りも注目されています。

https://imokoyuki.com/wp-content/uploads/2019/09/mCw-2L4S_400x400.jpg
きとうゆうき

良い悪いは置いておいて、個性的な方ですよね

眉村ちあきの魅力について

ここからは僕が考える眉村さんの魅力についてお話したいと思います。

即興ソングのクオリティは言わずもがな、僕が「すげぇ!」と思ったことだけを
お話していきます。

ライブパフォーマンス

僕がまず感銘を受けたのはライブパフォーマンスです。

一風変わったコールアンドレスポンスも特徴的ですが、打ち込みを眉村さん自身で楽曲が始まるタイミングをコントロールしています。

中でもパフォーマンスが際立っている動画はTokyo Idol Festivalでのライブです。

楽曲製作能力

アコギと歌のみのシンプルな歌から打ち込みを巧みに利用したDTMスタイルの楽曲まで幅広いスタイルの楽曲をリリースされている眉村ちあきさん。

歌詞も摩訶不思議なものが多々あり、かなり尖った内容の歌もあります。

一方でゴッドタンの即興から生まれた「大丈夫」など元気付ける内容の共感できる歌詞も多いです。

個人的にグッときたのはギターと歌だけで構成されている「おじさん」という失恋ソングです。

眉村ちあきの使用機材

もしライフ動画や楽曲を聴いて「いいな!」と思った方!

眉村さんの使用機材も一応紹介しておきますね。

Fender made in japan Telecaster

Telecaster

Fender Japanから名称が変わったMade In JapanシリーズのTelecasterを使われているようです。

シンガーやギターボーカルがテレキャスターを使うことはとても多いですよね。

リアピックアップはかなり雑味溢れるロックな音ですが、何より魅力的なのはミックスポジションで透明感のある音ですね。

https://imokoyuki.com/wp-content/uploads/2019/09/mCw-2L4S_400x400.jpg
きとうゆうき

大きな拘りはないのかもしれないけど、無意識的にテレキャスを選んだのかも?

Fender / Made in Japan Hybrid 60s Telecaster Arctic White
created by Rinker

さいごに

昨今、自粛ムードでGWだというのになかなか外出もできませんよね。

息が詰まるような雰囲気も多いですね。しかし、こんな時だからこそ
音楽鑑賞や音楽配信を進めてより良いギターライフを過ごせるといいかな?と思います。

是非眉村ちあきさんの音楽を聴いていただければ嬉しいです。

それでは。

めじゃめじゃもんじゃ
created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です