プロフィール レッスンについて

[中級者向け]エレキを楽しく弾けるようになるための3つの練習法

ギター練習

どうもこんにちは!慢性的な肩凝りと偏頭痛と格闘中のイモコユウキです。
ところでギタリストって結構移り気な人多くないですか?今日はヴァンヘイレン、昨日はスコヘン、一昨日はロベンフォード…みたいな感じで次から次へと興味の対象が変わっていくというか。

言ってる僕も正直かなり移り気で、毎日練習する内容もバラバラだったりしたことがあります。でもそれって結局習慣化して練習出来てないって事なのでなかなかモノになりにくいのが実情だったりします。ただ、やりたくない練習ばっかりするのも楽しくないし…けど上手くはなりたいし…って感じで悶々とする時もあるんじゃないでしょうか?

焦って練習しても1日で劇的に上手くなるのは難しいので、正味少しずーつ成長していくしかないですよね。という事で、今日はエレキギターを楽しく、っていうか楽に弾けるようになるための練習方法についてお話ししたいと思います。

アコースティックギターで練習する

シンプルに聞こえるかもかもしれないですが、エレキの人がアコギで弾くとめちゃくちゃ難易度が高くなります。まず、弦が硬てぇエレキの比じゃないレベルで硬いしバレーコード弾き続けるとマジで痛い。

ピッキング(右手)もフィンガリング(左手)も、より正確に演奏しないとちゃんと音が出ないのでアコギストの偉大さをヒシヒシと感じますね♪

・コードチェンジ
・運指
・ギターソロ
・チョーキング
・ハンマリング/プリング

どの練習にしてもアコギで練習すると演奏の正確性が劇的に向上するはずです!

基礎練習を取り入れる

基礎練習といっても左手や右手で練習できることもたくさんあるので、何から手をつければいいかわからない…となってしまうかもしれないので、一例を挙げてみますね。

左手の練習内容
  • 運指練習 (人差し指⇨中指⇨薬指⇨小指など)
  • ハンマリング / プリングの練習
  • スケール練習
  • コードチェンジ
右手の練習内容
  • 6弦⇨1弦へのオルタネイトピッキング
  • 1弦⇨6弦へのオルタネイトピッキング
  • 弦のスキッピング練習
  • 1弦ごとに3回弾く(3 note per string)

上だけでも基礎練習のほんの一部ですが、このあたりから始めてみるのもいいかも?

僕は渡辺具義先生のギター基礎トレ本から必要な部分を抜き取って練習メニューに組み込んでます。

練習メニュー / 練習ノートを書く

これめっちゃ重要。ほんと重要。色々練習するのはもちろん大切なことなんですが、それ以上にメニューを組むのは大事!

理由は、練習内容をルーチンに落とし込むためです。例えば、朝起きたら顔洗ってパン食べて歯磨いて着替えて忘れ物ないかチェックして鍵かけて家を出る、みたいな当たり前だけど毎日やってる事ってありませんか?

けど、ある日ちょっと違う事をすると急に時間を忘れて遅刻しそうになっちゃったり、何故か忘れ物しちゃったり。

という具合に、ルーチンから外れた事って意外と為にならないんです。逆にルーチンに新しいものを組み込むのはそれだけ大変ってことですね。

そこで、練習メニューとノートです!

まずは練習メニューをざっくりでいいので書きます。
あまり細かく「運指10分、ハンマリング練習5分、あと」みたいな感じにすると後々後悔します。というのも練習中は結構時間忘れて没頭してしまうのでなかなか細かい時間通りに練習するって難しいんですよね(´・ω・`)

なので、短くても15分まで!逆に長すぎてもその日のうちに身につけられる事は限られてるので1時間以内がベターです。

一つの練習に最短 15分 最長 1時間くらい練習できるとgood!

次に練習ノートです。

これは、その日に何の練習をどれくらいやったかをこれまたざっくりと書き留めるためのノートです。

どちらかというと、その時の練習でどんな気づきがあって明日はどんなアプローチで練習したいか という事を書いておくといいです。

何より、「こんなに練習したんだ…!」とノートを見返す事で自信にもつながります

まとめ

それではこれまでの内容をまとめてみましょう。

練習する時はアコギを使う
基礎練習をメニューに組み込む
練習メニュー / 練習ノートを必ずつける

こちらを続けて、より楽しく!エレキが楽に弾けるように練習していきましょー!

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました