ギター練習がつらい人のマインドセットについて

ギターを練習している時や録音をしている時に以下のように思うことはありませんか?

https://imokoyuki.com/wp-content/uploads/2020/03/pose_atama_kakaeru_man.png
ギタリスト

なんでうまく弾けないんだろう・・・他の人が上手過ぎて辛い

実は僕もしょっちゅう練習が辛くなる時があります。もし同じように思っている方がいたら断言します、自分を責めるのは良くない習慣です。

もっとはっきり言うと、時間の無駄なので少しでも練習や研究の時間に充てましょう☆

マイナス思考になると練習効率も落ちるし、人前で弾く自信も喪失してしまい、ひいては様々な事柄について拒絶する原因になってしまいます。

今日はマイナス思考に陥ることなく、効率よくギターが上手になるためのマインドセットについてお話したいと思います♪

https://imokoyuki.com/wp-content/uploads/2019/09/mCw-2L4S_400x400.jpg
きとうゆうき

練習は孤独な自分との戦いだけど、考え方次第でとても楽しいものに変わりますよ☆

練習が辛くなってしまう3つの原因

そもそもどうして「ギター弾くのが辛い・・・」と思うようになってしまったか考えてみましょう。今回は原因を3点に切り分けてみました。

人と比較して自分が劣っていると感じる

そもそも音楽は千差万別だからこそ素晴らしいと思うんですが・・・人と比較してしまうのは人間の性質なのかもしれませんね。

適度に人と比較して自分の能力について見つめることは何も悪いことではありません。

ただ、他人との比較をあまりにも過度に行うと「この人はこんなに上手なのになんで私は弾けないんだろう・・・」と悩んでしまう原因になります。

比較した結果、比べた相手の方が技術的に優れていた場合に発生しやすい原因の1つじゃないかな?と思います。

練習の成果が表れなくて自分を責めてしまう

練習量はひとそれぞれですが、みんな限りある時間を使ってギターを練習していますよね。

ただ、練習の成果がなかなか出なくて焦ってしまうもよくあります。
特にライブや発表会などのイベントを控えていると焦りも日増しします。

人間というのはある意味自分にめちゃめちゃ鈍感な生き物なので、明らかに上達してるのに落ち込む方もよくいらっしゃいます。

効果が自覚できいのも練習が嫌になってしまう理由の一つかもしれませんね。

投稿した動画・音源が評価されなくて辛い

仕事や学校が終わった後の時間をフルに活用して一生懸命に動画を撮影したけれど、SNSで評価されない!といったお悩みもよく耳にします。

SNSでの評価は昨今のミュージシャンが気にするポイントですよね。

特にTwitterやYoutubeは再生回数や「いいね」の数が明らかになるので

https://imokoyuki.com/wp-content/uploads/2020/03/pose_atama_kakaeru_man.png
ギタリスト

全然「いいね」つかないじゃん・・・あんなにがんばったのに

と自分を責めたくなる気持ちもよく分かります。

自信を取り戻すためのマインドセット

練習が嫌になる原因3点について書かせていただきました!次は、どうすれば練習が辛くならないか、自信を取り戻せるかについて説明していきます。

他人と比較せず、優秀な点を学ぶ

他人と自分との比較を続けていたら、優劣のスパイラルからは抜け出せません。

よく考えてみると、仮に今より数段ギターが上達した所であなたはラリー・カールトンより上手になれますか?ジョージベンソンより上手くなれますか?

恐らくその域に達する人はギタリスト人口の1%にも満たないでしょう。

音楽は食物連鎖や弱肉強食、ましてやスポーツの世界じゃありません。比較をやめて、「なぜこのプレイヤーが優秀なのか」を自分なりに分析してみましょう。

https://imokoyuki.com/wp-content/uploads/2019/09/mCw-2L4S_400x400.jpg
きとうゆうき

自分が良いと思うプレイヤーの「良さ」を知ることで練習の方針が見えてきますよ

今日上手くなることは出来ないと知る

ギターは継続が最も大変で最も重要です。1日で上達できる事に限りがあるという事実があるからですね。

毎日練習していたとしても、練習が実を結ぶのがいつになるかは誰にも分かりません。明日かもしれないし、来週かも、はたまた年単位で時間がかかるものかもしれない。

いつ成果が出るかわからないものを焦るより、今の練習をどうすれば楽しく・効率よくこなせるかを考えた方が圧倒的に生産的ですよね?

あせらず、丁寧にがコツですよ☆

評価されない理由を探す

ただ「評価低い」とマイナス思考になってもなんの意味もありませんよね?それよりもどんな動画が評価されるのかについて考えてみましょう。

評価されやすい演奏内容・コンテンツを考える

純粋に多くの人から評価される事が目的ならば、多くの人にまずはみてもらうためのコンテンツから考えていきましょう。

例えば、日本ではあまりにもニッチなブルースの演奏動画と、演奏してみた界隈で大いに流行っている「ヨルシカ」の演奏動画だったらどちらの方が多くの人にみてもらいやすいですか?

当然正解は後者の「ヨルシカ」の弾いてみた動画ですよね。もちろんヨルシカに限った話ではないですがターゲットを明確にした上でどのSNSで配信するのかを考えるとより良い評価を得られますよ。

発信するSNSを考え直す

Twitterで全然評価されなくてもInstaだと沢山評価がもらえたり、逆にTwitterで反響があることもあります。SNSの特性を生かした発信を行いましょう。

実際に僕の体験をお話すると

インスタグラムで海外のブラックミュージックファン向けにファンクカッティングの動画をアップした所、300いいねを達成しました☆

特定ジャンルのファンにアタックしたい人は、Instaのハッシュタグの特性を生かせるかな?と思います。

ところが、Twitterで同じ動画をアップした所10いいね、0RTしかもらえませんでした。

繰り返しになりますが、SNS毎に狙いやすいターゲット層が存在するので、InstaやTwitterの特性を考えて発信すると効果的です。

動画の質を向上させる

演奏してみたでとても重要になるのが動画の質・質感です。

常識的に考えて、汚い部屋で収録するよりキレイで清潔感ある部屋の方が見やすいですよね。

本格的な一眼レフがなかったとしても、撮影する場所や光の当て方でかなり質は向上しますよ☆

以前プロのカメラマンさんにiPhoneで撮影していただいたことがあるんですが

https://imokoyuki.com/wp-content/uploads/2020/03/job_cameraman-1.png
カメラマン

レフ板やリングライトなどを使うだけでも自撮りのクオリティーが大きく上がるよ

と教えていただいたので、まずはスマホ撮影用のリングライトは買おうかなと思っています♪

気になっている方はこちらのリングライトをチェックしてみてくださいね☆

まとめ

それでは練習嫌いにならないためのマインドセットについておさらいをしましょう。

マインドセットまとめ
  1. 他人と自分を比べない。比べない代わりに、他のプレイヤーの良い所を分析する
  2. 今日すぐに上手にはなれない。楽しく練習するための練習方法を考えよう
  3. 評価されるには準備と対策が必要なので凹む必要なし。評価が欲しいなら
    1. 発信するコンテンツを考え直す
    2. 発信する場所(SNS)を選ぶ
    3. 動画の質を向上させる

発信関連でもお悩みの方は多いと思うので、最後は実体験も込めてお話させていただきました☆

最後に、伸び悩んだり評価されなかったりしてがっかりしている方へ

対策を立てて、効率よく日々努力すれば必ず実を結びます!なのでどうか自分を否定しないでください!

僕も日々戦いです。一緒に、できるだけ楽しくがんばりましょう☆
それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です