ちょっとまって、Reverendギターかっこ良すぎない??

どうもこんにちは!イモコユウキです。1年間くらいずっと低スペックでロジックが動かないことが気がかり過ぎて、ようやくmac miniを買えたので今日はにこにこです☆

ところで、みなさんはReverend Guitarsというギターブランドをご存知でしょうか?
結構日本では知る人ぞ知る、みたいなメーカーで米国の方が明らかに流通量が多かったりするので実は見たことあるけどメーカー名は知らない…みたいな人も多いかもしれません。

刺さらない人には箸にも棒にも引っ掛からない、けど刺さる人には音速でブッ刺さる、そういうタイプのメーカーで僕はというと性癖にダイレクトヒットし過ぎて困っている位です。多分一番イメージ的に近いのはBlast Cult

それでは紹介していきます♪

Reverend Guitarsのざっくりプロフィール

それでは早速、Reverendの概要からお話していきたいと思います~

Reverend Musical Instruments, commonly known as Reverend Guitars, is an American manufacturer of electric guitars and basses. The company was established in 1997 by noted guitar and amplifier technician Joe Naylor, a graduate of the Roberto-Venn School of Luthiery. Reverend guitars are known for their combination of unorthodox construction methods, retro design, playability and affordable price.[1]

出展元:wikipedia URL: https://en.wikipedia.org/wiki/Reverend_Musical_Instruments

つらつらと英語で書かれているので要約すると

  • 米国で1997年に立ち上げられたブランド
  • ギター/ギターアンプ技術者のJoe Naylorが開発
  • Roberto-Venn School of Luthiery っていうギタークラフト学校(ESPみたいな感じ)出身
  • レトロな外見と手頃な価格、演奏のしやすさが特徴

らしいですよ☆アメリカで見た時はかなり手頃価格で置いてあった気がする。

ここが魅力的!

見た目が可愛すぎる

僕が思うReverendの一番の魅力は、このユニークなルックスやピックアップ配列じゃないかな?と思います!いきなり3ピックアップが付いてたりとか、以外とチャンバーボディになってる!?みたいに、各モデルで見るたびにルックスが目を引きますよね♪

意外な所を付いてくる絶妙なスペック

例えばこのギター、遠くから見ると「あ、ちょっと形の変わったストラトタイプだな」くらいにしか見えませんが…

よく見るとリアにテレキャスのピックアップが付いていたりします(笑)
また、コントロールは標準的なVOL / TONE のほかに「ローカットノブ」が付いています

しかもネックは意外にも最近話題のローステッドネック。300度でローストして水を飛ばすと、独特の濃い色になるほかにネック強度が上がるらしいです。音にも影響してきそう♪

Reverendを使っているギタリスト、アーティスト

米国では割と有名らしく、日本だとJ-guitarやデジマートにもほんの少ししか登録されていないですがEbayやReverbだと結構な本数があるように見受けられます。

そんなReverendを使っている代表的なアーティストは

  • Billy Cogan (Smashing Pumpkins, Zwan)
  • Pete Anderson
  • Greg Koch (Wildwood Guitars)
  • Andy Martin (元Pro Guitar Shop, 現Reverb)

などなどです。

スマパンのビリーコーガン意外馴染みが無い方も多いと思いますが、Greg KochはWildwood guitarsのYoutubeチャンネルでギター紹介/演奏をしている個人的に世界で5本の指に入るんじゃないかってくらいめっ っ っ っ っ っ っ っ っ っ っ ちゃ上手くてかっこいいプレイヤーです!

Reverendと関係ないけど、好き過ぎるのでYoutube貼っておきますね。

お値段はいくらくらい???

日本で買おうとすると、大体13万円を超えてしまいますが、Ebayだとより安価に買うことが出来ますよ!もちろん配送料が掛かってくるので多少加算はされちゃうけど。

例えばこのコリーナ材のFlying Vシェイプなら、750ドルで販売されているし、その他にも

ローストネックのテレキャスも999ドル、配送料を入れても12万円くらい!

ボディタイプやスペックが数多く存在するReverendを実際に選ぶとなるとEbay一択になりそうですね。

他に似た感じのブランドって???

Blast Cult

ビザール、と言っていいのか分からないけど一風変わったデザインで最近注目を浴びているBlast Cultも対抗馬の一つと言えば一つですね。

ただ、価格は倍どこじゃ済まないので品質を比べるのはちょっと酷かなぁ…と思います。Reverendがユーザビリティに配慮しているユニークギターなのに対し、Blast Cultはよりロックンロールに特化したイメージですね。

Eastwood Guitars

出ました、ビザール復刻ガチ勢。写真のAirlineでおなじみのEastwood Guitarsですね。何度見てもかわいいし、これ家にあったらQOLが向上しそう。

Eastwood Guitarsはラインナップがとにかく多彩!セミアコやフルアコっぽいのもあるし、ファントムっぽいギターなど沢山おいてあります♪

沼にはまりたい人は新潟の楽器屋、あぽろんさんのHPを見るとGood!
そして意外にも価格はかなりお手頃!モデルによっては10万円しないやつもあるから尊い…用途はかなり選ぶけど「そこは愛でカバーする!」っていう覚悟があればどんなギターだって大丈夫なはずです☆

おわりに

さてさて、今回はReverend Guitarsについてお話させていただきました~!皆さんも気になる見た目のギター、見つけられたでしょうか?僕的にReverendの良い所はこんな感じかなと思っています

他のにも良い所、沢山あると思うのでE-Bayや公式なども見て是非是非沼にはまっていってください~

それでは。

Reverend Guitars Buckshot
created by Rinker

Reverend Guitars Airsonic W Metallic Alpine
created by Rinker

Reverend GuitarsJetstream 390 KB
created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です